入れ歯を歯科で作ってもらう

歯科に行って診てもらい、いざ入れ歯を作る際になった際には、歯科医師が設計したものを技工士が作ることになります。医院に常にいる場合にはスピーディーに制作や微調整といった作業が行われますが、不在の医院では外注することになります。材質や治療法は多岐にわたり、保険が適用されるものと自由診療のものがあるのでかかる費用は大変幅が広く、そういったことから安さを売りにする医院もありますが、安価なものは材質に難があったり高い技術で作られていないこともあるので注意が必要です。入れ歯は他の治療同様に医院と技工士の腕が高いことが重要です。

技工士常駐歯科医院と入れ歯修理

歯科医院で入れ歯を作る場合は、稀に歯科医師が自分で作ることもありますが、たいていはそこに常駐する技工士が作る場合と、離れた場所にある技工所に外注する場合があります。技工士がいる医院だと、修理の時に簡単なものならその場で直してくれるというメリットがあるかもしれません。技工所に外注している場合ならば次回に持ち越されるところを迅速に対応してもらえたら、患者さんも嬉しいですね。入れ歯にも今では様々な種類があって、インターネット上に詳しい特徴の説明もありますから良く調べてから作るようにするといいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科について考えてみる. All rights reserved.